本文へスキップ

 

会則REGULATIONS

日本経済思想史学会会則

1(名称) 本会は日本経済思想史学会と称する。
2(目的) 本会は日本経済思想史研究の発展と、会員相互の研究交流および親睦を目的とする。
3(会員) 本会は日本経済思想史に関心を抱く者を会員とする。
4(名誉会員) 本会は、総会の決定により名誉会員を置くことができる。名誉会員からは年会費を徴収しない。
5(活動) 本会は研究報告会、講演会、会誌『日本経済思想史研究』の発行、研究成果の刊行、国内外の関連学会・研究会との交流等を行う。
6(支部) 本会は必要に応じ支部を設ける。支部の活動・運営および事務局の設置は支部所属の会員に一任する。
7(会費) 本会の年会費は5,000円とし、会計年度は4月から翌年3月までとする。
8(入会) 入会を希望する者は、所定の申込用紙に必要事項を記入し事務局あてに申し込み、運営相談会の承認を得ることを必要とする。
9(退会) 退会は事務局への連絡により随時行える。また3年以上の会費滞納をもって退会と見做すことがある。
10(総会) 本会は年1回の総会を開き、必要な事項の協議・決定を行う。
11(運営相談会) 本会は研究報告会等の際に、出席会員を構成員とする運営相談会を随時開き、会則・総会決議に則り日常的運営方針を決定する。なお、運営相談会は会員(幹事を含む)の呼びかけにより開催する。
12(幹事) 本会は幹事若干名を置き、研究報告会・講演会の準備、共同研究の企画、会員への連絡、会誌の発行、会計等に関わる協議・決定を行う。幹事は総会において選任し、任期は2年とする。但し重任を妨げない。
13(幹事会) 幹事は幹事会を構成し共同して上記業務に当たる。幹事会内部の組織構成・役割分担の決定は幹事会に一任する。
14(代表幹事) 本会は代表幹事1名を置く。代表幹事は総会・幹事会を招集し、その議長となり、また会務を統括する。代表幹事は幹事の中より総会において選任し、任期は2年とする。但し重任を妨げない。
15(事務局) 本会は事務局を、総会の承認を経て、幹事所属の研究機関に置く。事務局は総会・運営相談会・幹事会の決定に則り会務を執行する。設置期間は2年とする。但し更新を妨げない。
16(会誌編集委員会) 本会は会誌編集委員会を置き、会誌の発行を行う。委員長1名、委員若干名は総会において選任し、任期は2年とする。但し重任を妨げない。委員長は幹事でなければならない。
17(会計監査) 会計監査は、本会会計の適否を総会に報告する。会計監査は1名とし、総会において選任し、任期は2年とする。但し重任を妨げない。
18(会則改定) 会則の改定は幹事会が発議し、総会において決定する。
19(施行日) 本会則は、1991年12月14日から施行する。
本会則は、2001年4月1日から一部改正施行する。
本会則は、2004年6月19日から一部改正施行する。
本会則は、2012年6月9日から一部改正施行する。
本会則は、2013年6月8日から一部改正施行する。


バナースペース

日本経済思想史学会事務局

〒195-8550 町田市広袴 1-1-1 国士舘大学 21世紀アジア学部

竹村英二研究室内
E-mail :etak827アットマークktj.biglobe.ne.jp